ここから本文です

磐田はフベロ初陣で完封負け…C大阪が丸橋の鮮やかFK弾などで2連勝

8/24(土) 21:19配信

ゲキサカ

[8.24 J1第24節 磐田 0-2 C大阪 ヤマハ]

 J1リーグは24日、第24節を行った。ヤマハスタジアムではジュビロ磐田とセレッソ大阪が対戦。前半のリードを守り抜いたC大阪が2-0で勝利した。

 今季2度目の監督交代を敢行し、フェルナンド・フベロ新監督の初陣を迎えた最下位・磐田。18日のG大阪戦(1-1)から3人を入れ替え、MFムサエフとMFアダイウトン、FW中山仁斗を起用した。C大阪は横浜FM戦(2-1)から1人を変更。MF木本恭生に代えて、出場停止明けのMFレアンドロ・デサバトが先発に入った。

 C大阪は前半8分、ドリブルで強引にPA深くまで進入してDF丸橋祐介がマイナスに折り返し、DF秋山陽介がカットしたボールをゴール前に走り込んだMF清武弘嗣が右足シュート。GKカミンスキーが弾いたボールを清武が押し込んだが、清武のハンドと判定され、得点は認められなかった。

 それでもスコアを動かしたのはC大阪だった。前半18分、PA右手前でFKを獲得し、キッカーの丸橋が左足を一閃。弧を描いたシュートが壁を越えてゴール右上に突き刺さり、先制に成功する。さらに45分、カウンターから右サイドでパスを受けたMF水沼宏太がPA右に進入。中央に切れ込みながら相手2人をかわして左足シュートをねじ込み、2-0とした。

 前半はアダイウトンがPA手前から強烈なシュートを放つなど、積極的にゴールに迫るもネットを揺らせなかった磐田。フベロ監督は後半での逆転を目指し、ハーフタイムで2枚替えを行い、中山とMF松本昌也に代えてFW大久保嘉人とMF荒木大吾を送り込んだ。すると、これが奏功。前からのプレスに加え、攻撃にも勢いが生まれ、敵陣でボールを回す機会を増やしていった。

 しかし、磐田は最後のところで精度を欠き、得点を奪えず。冷静に試合を進めたC大阪が2-0で勝利をおさめ、2連勝とした。一方、フベロ監督の初陣を白星で飾れなかった磐田は、5試合白星なし(1分4敗)となっている。

 試合後のフラッシュインタビューで水沼は「とにかく熱い中、タフなゲームでしたけど、みんなで勝ち切ったので良かった。カウンターになった瞬間にキヨ(清武)がいいボールをくれたので、1人かわした瞬間に自分の中で落ち着けたので、冷静に流し込めた。ここから上位を目指していこうとみんなでやっている。連勝できてよかった」と勝利を喜んだ。

最終更新:8/24(土) 21:20
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事