ここから本文です

白石麻衣27歳、秋元真夏26歳... 乃木坂46で「アラサー」の活躍が目立つ理由とは

8/25(日) 7:00配信

J-CASTニュース

 乃木坂46の白石麻衣さんが、2019年8月20日に27歳の誕生日を迎えた。ツイッター上では白石さんについての「生誕祭」という言葉がトレンド入りするなど誕生日を祝う声が続々と上がったが、それに混じって驚きの声も。

 あるツイッターアカウントは、「ちょっとまってくれ白石麻衣ってアラサーなの?」と驚きの声。ほかにも、「白石麻衣(27)アラサーのババアなの衝撃」と、白石さんの年齢と美しさが乖離しているとして戸惑う声も。「世論では四捨五入すればアラサーだとか言いますがあなたの場合は端数切り捨てが正しいと思うので成人おめでとうございます」という書き込みさえあるほどだ。

■新キャプテンは前任者より「年上」

 これらをはじめ、白石さんが27歳になったことに驚く声は多い。確かに、20代後半で現役の「女性アイドル」も近年ではそれほど珍しいことではなくなったが、それでも、25歳前後で「卒業」を迎えることが多い業界では、より長きにわたって活躍していることになる。

 最近の乃木坂46ではほかにも、白石さんが27歳の誕生日を迎えた8月20日には、同グループの秋元真夏さんも誕生日を迎え、26歳となった。秋元さんといえば、9月2日から同グループのキャプテンを務めることが決まっているが、就任のきっかけは、現キャプテンの桜井玲香さん(25)が9月1日で卒業するためだ。

 ただ、桜井さんは秋元さんが誕生した1993年の翌年である1994年生まれであり、年齢は1歳下。このため、秋元さんは8月14日放送の「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、現キャプテンよりも年上の自分が後継者となることに驚いたとする趣旨の発言を行っていたほどだ。キャプテンに就任するということは、26歳となった今後も現役稼働が義務付けられることであり、この点でも女性アイドル業界としては異例の動きと言えよう。

 また、乃木坂46には白石さんと同じく1992年生まれの松村沙友里さん(26)が在籍しており、こちらも現役メンバー。選抜メンバーとして常連であるほか、9月4日発売の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」でも選抜メンバーに選ばれるなど、こちらも現役バリバリだ。これら、乃木坂46のメンバーに見られる「ピークの高年齢化」は、一体何を意味するのだろう。そこで、J-CASTニュース編集部は「プロアイドルヲタク」のブレーメン大島氏に意見を聞いた。

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 9:37
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事