ここから本文です

オンラインかくれんぼ『Peekaboo』「マップを作る際、タイムトラベルから影響を受けました」【注目インディーミニ問答】

8/25(日) 16:00配信

Game Spark

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Redaster Studio開発、PC向けに8月8日リリースされたオンラインかくれんぼ『Peekaboo』開発者へのミニインタビューをお届けします。

大きな写真で詳しく見る

本作は、最大16人が2つのチームに分かれて行うオンラインかくれんぼ。一番の特徴は、隠れる側が様々なオブジェクトに変身できることです。日本語にも対応済みですが、その質についてもコメントをいただいています。吉田おじさんによる絵日記も掲載中。

『Peekaboo』は499円で配信中。


――まずは自己紹介をお願いします。

Redaster StudioNikita Matusevich(Nodaryn)とDmitry Arsenov(Greatsun5)です。一緒に『Peekaboo』というゲームを開発しました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Redaster Studio本作の開発は去年の11月に始まりました。開発にかかった期間は計5ヶ月です。新しくて面白い、みんなを魅了するようなものを作ろうという目標がありました。そんなとき、本作のアイデアが生まれたのです。開発中には困難なこともありましたが、一つ一つ乗り越え、今でも乗り越え続けています(笑)。


――本作の特徴を教えてください。

Redaster Studio本作一番の特徴は、友人と一緒に遊ぶことでしょう。元々、多くの友人たちが一緒に楽しめるゲームを作ろうと思っていたのです。本作のハイライトはそのビジュアルスタイル(ローポリ)とオブジェクトの物理演算を用いた動きです。すべてのカードはユニークで面白く、丁寧に作り込んであるので、似たようなものはありません。本作にはすでに10つのマップがあり、将来的にはもっと多くのマップを追加する予定です!

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Redaster Studio『Garry’s Mod』にあるモードの「PropHunt」から影響を受けていますが、これはシンプル過ぎ、完璧とは言えませんでした。私たちはこれと似た、より面白いものを作りたいと思ったのです。どれぐらい成功したかについてはなんとも言えませんが、本作独自の要素がプレイヤーの皆さんに気に入っていただけているようで、とても嬉しく思います!

本作のマップを作る際、タイムトラベルから影響を受けました。本作においては何か変わったものを採用したいと思い、異なる時代のマップが生まれました。未来、過去、そして現在。それぞれの時代において、キャラクターたちにはとても力を入れています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Redaster Studio今も日本語には対応していますが、日本語のクオリティが高くないのは把握しています。皆さんが本作を100%楽しんでいただけるよう、翻訳の質を改善していきたいと思っています。

――ありがとうございました。

Game*Spark Chandler

最終更新:8/25(日) 16:00
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事