ここから本文です

Moto2イギリス予選:マルケスが今季3度目のPP。長島哲太7番手

8/25(日) 0:15配信

motorsport.com 日本版

 MotoGP第12戦イギリスGPのMoto2クラス予選が行われ、EG 0,0 Marc VDSのアレックス・マルケスが今季3度目のポールポジションを獲得した。

【リザルト】MotoGP第12戦イギリス Moto2クラス予選

 予選開始時のコンディションは、晴れ、気温29℃、路面温度が42℃というもの。前戦オーストリアGPでポールポジションを獲得した長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は総合14番手タイムとギリギリながら、Q2からの出走となった。

 始まったQ1の序盤は、ボー・ベンスナイデル(NTS RW Racing GP)が2分5秒601でトップに付け、マルセル・シュロッター(Dynavolt Intact GP)、マルコ・ベッツェッキ(Red Bull KTM Tech 3)、イケル・レクオナ(American Racing KTM)が続いた。

 その次の周にはシュロッターが2分5秒119でトップに立ち、ブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が2番手に割って入った。さらにホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)、ドミニク・エガーター(MV Agusta Temporary Forward)らが続いた。

 残り3分、レクオナが2分5秒275までタイムを縮めて3番手に入り、ステファノ・マンツィ(MV Agusta Temporary Forward)が4番手までポジションを上げた。

 そしてチェッカー後のラストアタックでは、4番手以内に食い込むライダーは合わられず、シュロッター、ビンダー、レクオナ、マンツィの4名がQ2へ駒を進めた。

 続くQ2では一通りのアタックを終えた段階でホルヘ・ナヴァッロ(Campetella Speed Up)が2分4秒674で首位に立ち、ジャビ・ビエルヘ(EG 0,0 Marc VDS)、ファビオ・ディ・ジャナントニオ(Campetella Speed Up)が続いた。

 開始7分、長島が2分5秒120をマークして4番手に浮上した。

 ただ、アウグスト・フェルナンデス(FLEXBOX HP 40)が2分4秒587でトップ、アレックス・マルケスが2分4秒674で2番手に浮上するなど、周りのライダーのタイムアップが続いたことで、長島は8番手までポジションを落とした。

 残り4分、マルケスが2分4秒374までタイムを削り、タイムシートのトップを奪取。ナヴァッロも負けじとアタックをまとめ、2分4秒417で2番手に浮上した。

 最終アタック中に、ポイントランキング2番手でマルケスを追うトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)がターン13で転倒。これでタイム更新ができず、12番手タイムで予選を終えた。

 最終手的にマルケスを上回るタイムは記録されず、マルケスが今季3度目のポールポジションを獲得した。2番手はナヴァッロ、3番手はフェルナンデスが入った。

 長島は最終的に7番手タイムで予選を終えた。また代役参戦の名越哲平(IDEMITSU Honda Team Asia)は29番手だった。

永安陽介

最終更新:8/25(日) 0:15
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事