ここから本文です

仙台にテークアウトドリンク店 商品も店内も「フォトジェニック」意識

8/25(日) 14:02配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ボトルドリンクやシェーク、タピオカドリンクなどを販売する「Cafe no.(カフェ ナンバー)」仙台店(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-748-7353)が、ぶらんどーむ一番町商店街そばにオープンして1カ月がたつ。(仙台経済新聞)

ボトルドリンク「ストロベリーミルク」とマカロン

 「シンプルでかわいい」をテーマに、「商品も店内も丸ごとフォトジェニックな店」として、2018(平成30)年2月に大阪堀江本店(大阪市西区)をオープン。現在、全国に10店舗を展開する。仙台店は東北初店舗として7月29日にオープンした。

 店舗面積は、ホール=34平方メートル、エントランス=18平方メートル。テークアウト専門だが、写真撮影用の椅子やテーブル、カウンターやウオールシェルフなどを設置する。

 現在、約50種類のドリンクを提供。「ストロベリーミルク」「グリーンティーミルク」「チョコレートミルク」「コーヒーミルク」「ブルーベリーミルク」(以上600円)、「マンゴーヨーグルト」(700円)などボトルドリンクは9種類で、100円増しでタピオカがトッピングできる。

 そのほか「オレオシェーク」「チーズシェーク」(以上550円)などシェーク9種類、「タピオカミルクティー」「タピオカクロミツ」などのタピオカドリンク4種類、ホットドリンク7種類、アイスラテ11種類、スカッシュ8種類と、マカロン9種類も提供する。

 オープン後は連日若い女性客が訪れ、購入した商品と一緒に写真撮影を楽しむ様子が見られるなどにぎわっている。担当者は「仙台店は他の店舗と少し違い、色をたくさん使わずシンプルなお店になっているので、より商品が映えるのでは。フォトジェニックな店内と商品で写真を撮って楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は11時~19時(土曜・日曜・祝日は10時30分~)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8/25(日) 14:02
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事