ここから本文です

中国首相が日中韓FTA早期締結に意欲~3者共通の話題はFTAくらい

8/25(日) 22:10配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月23日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。日中韓外相会談について言及した。

日中韓外相会談~李克強首相がFTAの早期締結に意欲

8月22日、中国・北京で日中韓の外相会談が行われた。李克強首相のもとに3人が出向き、李克強首相はFTAの早期締結に意欲を示している。

飯田)日韓でこじれていますが、FTAをやるのですかね?

宮家)この3国のなかでは、中国が最も貿易について制限的なのですよね。早期締結の意欲などと言われても、それなら中国はTPPに入ればいいではないですか。中国がTPPに入れるわけはないのだけれども。いずれにせよ、日中韓は常にシンボリックな会合ですよね。機微な話はできないでしょう、何か話したら必ず議論が割れてしまうのだから。3者共通の話題と言えば、FTAくらいなのでしょうね。3者が会うこと自体が大事なのであって、何か合意ができるなどと期待してはいけない。日中韓については、私はそう思いますね。会合が開かれること自体が大事なのであって、少なくとも3者の関係が「極端に悪くなってはおらず、話し合いができる状況にまだあるのだ」と確認をする意味で、「よかったね」ということではないかと思います。

飯田)直前に日韓でも外相会談をやっているため、GSOMIAについては濁していて、検討中だと言っていましたよね。

宮家)でも一応は、日本側の反応を見て決めたのでしょうね。

飯田)韓国側も8月15日の演説であまり厳しいことを言わなかったから、「歩み寄ったのに」ということは言っていました。

宮家)関係ないですよ。それよりもっと大事なのは、アメリカ、韓国、日本もそうかもしれないけれど、いまや伝統的な外交安保の専門家の声が全然反映されていない。韓国だって、軍人や外交官たちはいま韓国がいかに変なことをやっているか、よくわかっているはずなのです。でも誰も声を出さない。こんなことで大丈夫なのかと心配になるけれども、なるようにしかなりません。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

最終更新:8/27(火) 16:06
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事