ここから本文です

高める 東京パラリンピック開幕まであと1年

8/25(日) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 2020年東京パラリンピック開幕まで、25日であと1年。世界最大の障害者スポーツの祭典を目指し、様々な垣根を越える者たちがいる。オリとパラ、国と国の壁を越えて互いに高め合う。

 ■心技体、両雄は刺激し合う 井谷俊介、山県亮太 陸上男子100メートル
 真夏の日差しが照りつけるトラック脇で、スプリンターの2人が語り合った。
 陸上男子100メートル10秒00の山県亮太(27)と、義足で100メートル11秒55のアジア記録を持つ井谷俊介(24)。目指す舞台は違っても練習をともに重ねている。
 「井谷君は記録を縮めることに純粋な喜びを感じている。…… 本文:2,327文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/25(日) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい