ここから本文です

【米・トラヴァーズS】ケンタッキーダービー2着馬コードオブオナーが初戴冠

8/25(日) 12:14配信

netkeiba.com

 現地時間24日、アメリカのサラトガ競馬場では6つのG1レースが行われた。

 その中でも最も高額賞金のトラヴァーズS(3歳・ダ2000m・12頭・1着賞金67万ドル=約7062万円)は、後方からレースを進めた3番人気コードオブオナー(牡3、J.ヴェラスケス騎手)が最後の直線で大外から末脚を伸ばし、先に抜け出しを図った1番人気タシトゥス(牡3、J.オルティス騎手)に3馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分01秒05(良)。

 タシトゥスから1/2馬身差の3着には、ハナを切った2番人気のムーチョグスト(牡3、J.タラモ騎手)が逃げ粘った。

 コードオブオナーは父Noble Mission(その父Galileo)、母Reunited(その父Dixie Union)という血統。米国のクロード・マゴーヒー厩舎の管理馬。

 昨年のシャンパンS、今年のケンタッキーダービーでともに2着など、G1で惜しい結果が続いていたが、待望のG1初制覇を果たした。

最終更新:8/25(日) 12:16
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事