ここから本文です

越える 東京パラリンピック開幕まであと1年

8/25(日) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 (17面から続く)

 ■跳ぶ、五輪とパラの壁なくすために 走り幅跳び世界記録保持者、マルクス・レーム(31)
 2020年9月2日。陸上男子走り幅跳び(義足T64)が行われる新国立競技場は、パラリンピック3連覇がかかる舞台となる。周囲の期待は、優勝よりその記録だ。
 《僕は常にベストを出そうと思ってきた。もちろん、みんなが何を期待しているのかは分かっている。本番で8メートル10、20の記録では、自分も納得できない。》 
 昨夏、8メートル48を跳んで自身が持つ世界記録を更新。16年リオデジャネイロ五輪の優勝記録を10センチ上回った。…… 本文:2,907文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/25(日) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事