ここから本文です

【海外競馬】日本から移籍のステラーインパクトが豪州で初勝利

8/25(日) 12:22配信

netkeiba.com

 24日、オーストラリアのニューカッスル競馬場で行われた未勝利戦(芝1895m・11頭)に、日本からの移籍馬ステラーインパクト(牝5、J.イネスJr.騎手)が出走。果敢にハナを切ると最後までスピードが衰えることなく、2着ティサイン(牝3、B.スプリッグス騎手)に0.5馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分58秒16(稍重)。

 ステラーインパクトは父ディープインパクト、母トップライナーII、その父サンダーガルチという血統。2016年のセレクトセール1歳で、牝馬最高価格の1億2500万円(税別)で落札された。

 日本では美浦の堀宣行厩舎に所属。3歳未勝利戦で2着、3着が1回ずつあったものの、勝ち星をあげることはできず、豪州のゲイ・ウォーターハウス&エイドリアン・ボット厩舎に移籍。

 今回は10ヶ月ぶりの実戦だったが、移籍初戦で見事に初勝利を果たした。

※馬齢表記は豪州の現地表記に準ずる。

最終更新:8/25(日) 12:37
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事