ここから本文です

土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演で…焼けぼっくいに火が?

8/25(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 2020年に全世界190カ国に配信予定のNetflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」が今月9日にクランクインした。「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されている同名漫画が原作で、主人公の有栖良平・通称アリスを山崎賢人(24)、驚異の身体能力を誇る女子高生の宇佐木柚葉・通称ウサギを土屋太鳳(24)が演じる。

いまたに地上波に復帰できない「のん」の現在地

 耳を疑ったのは、山崎と土屋のダブル主演だったことだ。2人の共演はこの作品で4度目となるが、これまでの芸能界の常識からいえば、大作での共演は二度とないとみられていた。理由はスキャンダルだ。

 16年3月、「週刊文春」に2人の「焼き肉デート」が報じられた。同誌によれば、仕事を終えて自宅マンションに帰った山崎は変装をして焼き肉レストランに向かった。その時、山崎はブランド名が書かれた紫色の紙袋を手にしていたという。しばらくして山崎はひとりでレストランを後にするのだが、時間差でレストランから出てきたのが土屋だった。問題はここからで、土屋の手には、山崎が持っていた紫色の紙袋があったという。2人が事前に綿密に打ち合わせた上での密会だったのだろう。

「『週刊文春』で交際をうかがわせるあの夜の一部始終が写真付きで報道された直後、山崎は所属事務所の幹部からこっぴどく叱られたと聞きました。テレビでも映画でも、演出側は熱愛などでイメージがついた役者同士のキャスティングを敬遠します。先入観にとらわれて視聴者が作品に感情移入できなくなることを嫌がるためです。基本的に2人は“共演NG”のはずですが、今回は噂を逆手にとったキャスティングともいわれています」(芸能プロ関係者)

 筆者は8月9日から始まった渋谷、横浜、川崎の撮影現場をのぞきにいってみたが、スタッフは撮影時以外になるべく2人を近づけないようにしていた。

 芸能マスコミでも「2人は別れた」「まだ交際は続いている」と見方が分かれており、核心を突くような情報も今のところない。ただ、今回の共演で焼けぼっくいに火がつく可能性は否定できない。今月は主に週末の3日間(金曜~日曜日)を中心に撮影スケジュールが進行しており、来月から本格的な撮りが始まる。9月中旬には関西方面で長期ロケの予定まで組まれている。

「滋賀県で5日間ほどかけて『プールパーティー』のシーンを撮るロケがあるのですが、その中日に完全オフが1日設定されています。ここでスタッフは撮影の進捗状況を確認しますが、演者さんの予定は知りません」(ドラマ関係者)

 滋賀県から少し足を延ばせば京都、奈良だ。その気になれば観光地に出掛けることもできる。

 2人の再共演をめぐってファンからは〈これで周りの目も気にせず自由に会話を楽しむことができるよね!〉〈これって公認デート?〉といった声も上がっている。どうやら再接近を期待する向きもあるようだ。もしかしたら山崎と土屋は「令和の三浦友和&山口百恵」になるかもしれない。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

最終更新:8/25(日) 10:35
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事