ここから本文です

小池徹平 英国留学中のウエンツ近況明かす「とにかく勉学を頑張っている」

8/25(日) 14:32配信

東スポWeb

 俳優の小池徹平(33)が25日、都内で行われた「第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト BEST30お披露目イベント」に出席した。

 同コンテストは過去に武田真治、袴田吉彦、溝端淳平らがグランプリを受賞。自身も2001年に第14代グランプリに輝いた小池は、出場者たちとトークし「みんなアピールするのがうまい。僕なんて緊張して声が出なかったし、頭が真っ白になって何を言ったか覚えてない」と感心した様子だ。

 さらに「ジュノンといえば一芸を披露するのが特徴ですけど、僕はギターを弾こうとしたら、ステージに出る直前の舞台袖で弦が切れちゃって。何かが起こるんです」と振り返った。

 これから芸能界デビューを夢みる出場者たちに、先輩として芸能活動で一番つらかったことを聞かれると「ウエンツ(瑛士)がイギリスに行ったことかなあ」とポツリ。しかし、即座に「あ~、やっぱ全然つらくないです」と否定して笑わせる場面もあった。

「WaT」としてユニットを組んでいたウエンツは昨年、演技の勉強のため英国に留学。今でも連絡を取っているといい「とにかく勉学を頑張っている。英語は普通にしゃべれるようになったみたいです」と近況を明かした。

「第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の応募総数は1万7165人。11月下旬の最終選考でグランプリが決定する。

最終更新:8/26(月) 18:50
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事