ここから本文です

八尾おわらのど自慢 秀位1席に滝口さん(富山)

8/25(日) 23:03配信

北日本新聞

 第72回おわらのど自慢コンクールが25日、富山市八尾町上新町の越中八尾観光会館で開かれ、県内外から集まった3~84歳の41人が練習の成果を披露した。一般の部で最高位となる秀位1席には滝口梨沙さん(34)=富山市北代、秀位2席には寺田多美江さん(42)=石川県小松市=が選ばれた。 (報道センター・小林光里)

 県民謡越中八尾おわら保存会(金厚有豊会長)が毎年開いている。一般の部に37人、中学生以下のジュニアの部に4人が出場。保存会演技指導部の演奏に合わせ、情感のこもった歌声を響かせた。金厚会長ら6人が歌唱力や表現力などを審査した。

 一般は秀位に2人、優位に5人が選ばれた。4度目の挑戦で初の秀位1席に選ばれた滝口さんは「おわらの難しさを実感しながら練習してきた。やっと最高位を取れてうれしい」と声を弾ませた。

 ジュニアの部では、高岡市伏木中2年の小熊夢(み)唯(ゆ)さん(13)が、2年連続の秀位に輝き「会場の雰囲気が和やかで歌いやすかった。練習の成果を発揮できた」と笑顔を見せた。北日本新聞社共催。

 ◇一般▽優位1席=柿沼初雄(宇都宮市)▽同2席=上口輝世(加賀市)▽同3席=山本節子(能美市)▽同4席=南加代子(富山市)▽同5席=林春江(高岡市)

最終更新:8/25(日) 23:03
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事