ここから本文です

淺井咲希が涙のツアー初優勝 黄金世代9人目の栄冠

8/25(日) 14:37配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<CAT Ladies 最終日◇25日◇大箱根カントリークラブ(神奈川県)◇6704ヤード・パー73>

淺井咲希にギャラリーも大興奮!【LIVEフォト】

国内女子ツアー「CAT Ladies」の最終日が終了し、後続と3打差の単独首位で出た淺井咲希が3バーディ・2ボギーの「72」をマーク。初日から首位の座を守りきり、トータル10アンダーで完全優勝、ツアー初優勝を果たした。

後続と2打差で迎えた最終18番パー5。ピン5mのバーディパットを外した直後、1mのパーパットがカップに蹴られ、約2mのボギーパットを残す。外せばプレーオフという重圧のかかる1打だったが、これを見事に沈めてガッツポーズ。涙を流して優勝の喜びを表した。

淺井は1998年度生まれの“黄金世代”が一人で、同世代では9人目のツアー優勝。昨年の大里桃子に続き、黄金世代が大会2連勝となった。優勝インタビューでは、「(黄金世代の)みんなが頑張ってるから私も頑張れる。私にも少しくらい(優勝の)チャンスがあるかな、と思って頑張ってきた。こんなに早く勝てると思わなかったので、めちゃくちゃうれしいです」と喜びを語った。

首位と1打差の2位に穴井詩。2打差3位にイ・ボミ(韓国)が入った。

【最終結果】
優勝:淺井咲希(-10)
2位:穴井詩(-9)
3位:イ・ボミ(-8)
4位T:柏原明日架(-7)
4位T:蛭田みな美(-7)
6位:上田桃子(-6)

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8/25(日) 16:24
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事