ここから本文です

香取慎吾『香港大夜総会』を湯布院で上映!製作陣が裏側明かす

8/25(日) 17:12配信

シネマトゥデイ

 また、本作はカーチェイス、爆破シーンなど激しいアクションシーンが多数登場するエンターテインメント作品となっている。石井監督は「アクション映画って大変だなと思います。今だったらお金がかかり過ぎると言われて企画が通らないですよね」と驚いた様子。渡邊監督も「今日は22年ぶりに映画を観ましたけど、今だったらありえない映画ですよね」とその意見に同意した。

 森重プロデューサーも「アクションディレクターはブルース・ロウ。彼とは(森重プロデューサーが日本ロケを担当したジャッキー・チェン主演の)『デッドヒート』で一緒に組んだんですが、アクションディレクターが3人いた中で、彼が一番冷静なところがあったので、彼にお願いしたというわけです」と説明。『デッドヒート』や『南京の基督(キリスト)』など、海外の映画人と一緒に数々の映画を作りあげた森重プロデューサーならではの人選だったことがうかがい知れた。(取材・文:壬生智裕)

2/2ページ

最終更新:8/25(日) 17:12
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事