ここから本文です

マーベル新作『エターナルズ』に「ゲーム・オブ・スローンズ」キット・ハリントンが出演決定!

8/25(日) 17:52配信

シネマトゥデイ

 現地時間24日、アンジェリーナ・ジョリーが出演するマーベル映画『エターナルズ(原題) / Eternals』の追加キャストが、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムで開催中の「D23 Expo 2019」内プレゼンテーションで発表され、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョン・スノウ役で知られるキット・ハリントンの出演が明らかになった。

【画像】心おどるラインナップ!MCUフェーズ4作品

 エターナルズは、かつて地球を訪れた宇宙種族セレスティアルズが旧人類に対して遺伝子実験して生み出した、スーパーパワーと不死の肉体を持つ種族。同時に誕生した邪悪な種族ディヴィアンツと長年にわたって戦いを繰り広げている。

 そのため本作には、アンジェリーナ(セナ役)をはじめ、リチャード・マッデン(イカロス役)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ファストス役)、サルマ・ハエック(アジャック役)、クメイル・ナンジアニ(キンゴ役)、ローレン・リドロフ(マッカリ役)、リア・マクヒュー(スプライト役)、マ・ドンソク(ギルガメッシュ役)など、大勢のキャストが参加する。

 キットが演じるのは、デーン・ウィットマンという地球の男性で、ブラックナイトという名のヒーローとして知られるキャラクター。エターナルズがメインとなる本作で、どの程度の活躍を見せてくれるのかは不明だ。

 また、映画『キャプテン・マーベル』でクリー帝国の狙撃手ミン・エルヴァを演じたジェンマ・チャンの出演も発表。本作でジェンマは、ミン・エルヴァではなく、エターナルズのセルシを演じる。この日は会場のファン向けに、劇中のエターナルズを描いたコンセプトアートも公開された。2020年11月6日全米公開予定。中国出身の女性監督クロエ・ジャオがメガホンを取る。(編集部・入倉功一)

最終更新:8/25(日) 23:22
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事