ここから本文です

【MotoGP】イギリスGPでクラッシュのドヴィツィオーゾ、一時的な記憶喪失で検査のため病院へ

8/25(日) 22:59配信

motorsport.com 日本版

 MotoGP第12戦イギリスGPで、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは転倒したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)のマシンを避けることができず、大きなクラッシュを喫してしまった。

【ランキング】首位マルケスが78ポイント差で独走体制

 その際、ドヴィツィオーゾはクアルタラロのマシンに乗り上げると、そのまま上空に放り出され、背中から地面に叩きつけられてしまった。彼は担架でコース脇へと運ばれると、後に立ち上がる姿を見せた。

 ただ、ドゥカティのスポーティングチーフであるダヴィデ・タルドッツィとMotoGPドクターのエンジェル・シャルテの伝えるところによると、ドヴィツィオーゾは繰り返し腰の痛みを訴えており、加えて一時的な記憶喪失の症状も出ていたようだ。

 結果的に、ドヴィツィオーゾはメディカルセンターへと連れられ、その後は予防的な検査のためにコヴェントリーの病院へと向かった。

 ドヴィツィオーゾがレースをリタイアした一方で、ポイントランキング首位のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は2位を確保。それによってポイント差は78にまで拡大してしまった。

David Gruz

最終更新:8/25(日) 23:23
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事