ここから本文です

【新潟記念】サマー2000シリーズ王者、初の“該当馬なし”の可能性

8/25(日) 20:02配信

netkeiba.com

 9月1日の新潟記念(GIII)が最終戦となるサマー2000シリーズは、カデナ(牡5、栗東・中竹和也厩舎)かゴールドサーベラス(牡7、美浦・清水英克厩舎)が1着とならなければ、チャンピオンは“該当馬なし”となる。

 これはサマー2000シリーズのチャンピオンに「13点以上」かつ「対象競走において1勝以上」という規定があるため。

 現時点で13点以上を獲得している馬は不在。また新潟記念の勝ち馬には10点が加算されるが、登録馬の中で3点以上を獲得しているのは小倉記念2着のカデナと、七夕賞4着のゴールドサーベラスのみとなっている。

 なお、サマー2000シリーズのチャンピオンには、褒賞金として馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が交付される。

最終更新:8/25(日) 20:02
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事