ここから本文です

「バイクのふるさと」PR 試乗や撮影、盛況 浜松・東区

8/25(日) 8:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 国産オートバイ発祥の地である浜松市などの二輪車産業をPRするイベント「バイクのふるさと浜松2019」(市主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が24日、東区の市総合産業展示館で始まった。25日まで。

 浜松で創業したスズキ、ホンダ、ヤマハ発動機が二輪車の最新モデルやオートバイレース「モトGP」参戦マシンなど計30台を展示。県内外のバイクメーカーや用品販売店など51団体が出展した。多くの愛好家や家族連れが訪れ、試乗や撮影を楽しんだ。

 バイクファンの女性タレント5人によるトークショーも行い、それぞれの愛車やバイクの魅力を語り合った。

 屋外会場ではプロライダーが前輪を浮かせて走るウィリー走行などのデモンストレーションを披露し、イベントを盛り上げた。

 25日は午前10時から午後4時まで開催。入場無料。

静岡新聞社

最終更新:8/25(日) 8:03
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事