ここから本文です

加護亜依のマネージメント契約解除、所属事務所が発表

8/25(日) 15:00配信

音楽ナタリー

加護亜依のマネージメント契約が昨日8月24日付けで解除されたことが発表された。

これは芸能事務所アルカンシェル・中野尚美代表が自身のブログで発表したもの。中野代表は約3カ月前からマネージメント提携の契約上合意できない点があり、加護と話し合いを重ねてきたが、昨日8月24日に東京・六本木クラップスで行われたライブイベント「Ai, Bonjour, 2019 加護亜依★ファンの集い」を最後に契約解除に至ったとのことだ。アルカンシエルは約4年間、加護の窓口として活動をサポートしてきたが「苦渋の決断」により手を離すことを決断。中野代表は「今後は女性として母として『人間力、社会性』を更に学び大人としての成長を切に願っております」とコメントすると共に昨日のイベント後の打ち上げで撮影されたツーショット写真を掲載し、「プライベートでは、変わらず見守って参ります」としている。

加護は今年3月に元モーニング娘。の同期である辻希美とのユニット・W(ダブルユー)として「ちょい悪デビル」を配信リリース。5月にはエンタメ活動集団・ボクらの罪団との新ユニット・わたしとボクらの罪団を結成するなど新たな活動を展開していた。

最終更新:8/25(日) 15:00
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事