ここから本文です

日本ハムが近藤のセンターゴロで2点先制 1死満塁で珍しいケース

8/25(日) 14:03配信

デイリースポーツ

 「オリックス-日本ハム」(25日、京セラドーム大阪)

 日本ハムが3番・近藤の“センターゴロ”で2点を先制した。

【写真】オリ・宗のグラブからボールがポロリ…センターゴロに

 0-0の三回1死満塁。近藤が竹安の低めの変化球をすくい上げ、打球は中堅後方へ。宗のグラブに一度入ったが、こぼれてフェンスに当たった。

 宗がフェンスに当たった打球を直接捕球したため、センターフライにも見える微妙なプレーだったが、三走・清水と二走・西川は相次いで生還。ところが、一走・大田はアウトと思い込んだのか、一塁へ帰塁しようとしたため、二塁封殺となった。

 結果として、打点2は記録されたものの、近藤には安打がつかない珍プレーとなった。

最終更新:8/25(日) 17:48
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(月) 10:25

あなたにおすすめの記事