ここから本文です

広島2ケタ失点で中日に大敗し3位転落 先発九里が6失点KO

8/25(日) 17:24配信

デイリースポーツ

 「中日10-4広島」(25日、ナゴヤドーム)

 広島が逆転負けで3位に転落。3連戦を負け越した。先発の九里亜蓮投手が4回2/3を6安打、自身今季ワーストの6失点でKOされたのが響いた。九里は7敗目(6勝)。

【写真】珍事!広島・塹江が中日・与田監督のリクエストで退場に

 2点の援護を受けてマウンドに上がったが、二回に阿部にソロを被弾。2-1の四回に連続四球で走者を出し阿部に左翼フェンス直撃の同点適時二塁打。1死満塁から大野奨に勝ち越しの中犠飛を許し、投手・山本にも不運な当たりで適時打を献上。

 2-4の五回は2死からビシエドに左前打、高橋に三塁線を破る左翼線二塁打を許したところで降板。2番手・島内は続く阿部に右前へ2点適時打を浴びた。

 打線は初回に阿部の2点二塁打で先制して以降、中日・山本の前に沈黙。六回には安打に2四球を選び1死満塁の絶好の反撃機をつくったが、2番手の森に小園、サンタナが打ち取られた。

 七回には3連打などで中日を攻めながらも得点は2点止まり。直後に中日に2点を追加されるなど、かみ合わなかった。

 八回には塹江が危険球退場となり、急きょ登板した中崎がさらに失点を重ね4-10と大差をつけられた。

最終更新:8/25(日) 17:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事