ここから本文です

水卜麻美アナ、42・195キロ完走!総合司会も完走目指す…駅伝はアンカーのあさこへ

8/25(日) 14:21配信

スポーツ報知

 24日にスタートした毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(25日まで)の名物企画、4人の走者でつなぐ「24時間駅伝」の第3走者の日本テレビ・水卜麻美アナウンサー(32)が25日午後2時18分過ぎに、42・195キロを完走し、アンカーのいとうあさこ(49)にタスキをつないだ。

【写真】こんなポーズも見せた水卜麻美アナ

 第2走者のガンバレルーヤ・よしこ(28)の力走に、タスキを受けた時は涙を浮かべていた水卜アナだったが、道中は笑顔で沿道の声援に手を振り応えた。

 第1走者のハリセンボン・近藤春菜(36)は、24日の午後8時30分にスタートしてから、25日午前2時10分過ぎに完走。よしこも25日午前8時8分過ぎにタスキをつないだ。

 駅伝は4人でチームを組み、春菜とよしこが32・195キロ、水卜アナ、いとうあさこが42・195キロを走り、25日午後8時54分の同番組終了までにゴールを目指す。

最終更新:8/25(日) 14:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事