ここから本文です

千原せいじ、“あおり運転”厳罰化慎重論者に「そんな悠長なことしてたら死んでしまうわ」

8/25(日) 16:26配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原せいじ(49)が25日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」(日曜・前11時55分)にゲスト出演。“あおり運転”を厳罰化することについて自身の見解を示した。

【写真】「脳みそないんじゃないか、こいつ」と憤慨した有名歌手

 番組では今月10日に茨城県守谷市の常磐自動車道であおり運転の末、男性会社員(24)を殴ったとして、宮崎文夫容疑者(43)が傷害容疑で逮捕された事件について特集。“あおり運転”を厳罰化することについて討論を行った。

 タレント・ビートたけしは「運転が下手であおり運転って勘違いされる人もいるしなあ。急に右側車線行かなきゃ、あれ道路違うわて言ってきゅってやると、なんだこいつ、あおってきたって思われるし」と厳罰化に対して慎重な姿勢を見せた。

 これにせいじは「自分の精神を冷静にコントロールできないやつが2トン近い、下手したら2トンオーバーするようなもん自由に走らせてるってゆうのは、俺はちょっとそんな社会では生活したくないですね」と厳罰化に賛成。「息子がどっか遊びに行くって時にそんな奴がどこにいるかわからへんような日本ではちょっとこれは具合悪いですわ」とし、刑罰について「どんどん適用するようにしないと」と主張した。

 鼻息を荒くするせいじに大竹まことが「せいじね、怒りってその場で起きてるわけじゃないからね。原因がどこか別のとこにちゃんとあってそれが運転してるときに出たとかね、そんな可能性は十分あるからね」とした上で「もうちょっとちゃんと分析しないと」となだめる場面も。

 その後もせいじの興奮は収まらず、元埼玉県警・捜査一課でゲストの佐々木成三氏が厳罰化の他にカウンセリングなどもするべきだと主張すると「そんな悠長なことしてたら死んでしまうわ、そんなもん」と持論を展開した。

最終更新:8/25(日) 16:48
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事