ここから本文です

【WASJ第4戦】6番人気プレシャスブルーがV 川田が総合優勝決める

8/25(日) 17:06配信

スポーツ報知

 ◆ワールドオールスタージョッキーズ第4戦・3歳上2勝クラス(8月25日、札幌・芝1800メートル、稍重)

 世界の名手14人の腕比べの最終戦は、川田将雅騎手が手綱を執った6番人気のプレシャスブルー(牡5歳、美浦・相沢郁厩舎、父ディープインパクト)が直線で抜け出して快勝。第3戦までで4位につけていた川田騎手が30ポイントを加算し、合計70ポイントでシリーズ優勝を決めた。

 2着はジュリアン・ルパルー騎手が騎乗した1番人気のダブルシャープ。3着のターフェルムジークに騎乗したクリストフ・ルメール騎手が58ポイントまで得点を伸ばして、川田騎手に次ぐ、総合2位に入った。

最終更新:8/25(日) 21:40
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事