ここから本文です

村田諒太、年内に防衛戦計画「そろそろボクシングに集中したい」

8/25(日) 18:44配信

スポーツ報知

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=が25日、東京・渋谷区で行われたスポーツ用品大手「ナイキ」主催の期間限定のスポーツ体験イベント「TOKYO AFTER DARK AT SHIBUYA」に出席した。

 イベントには陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥(26)=ナイキ=やサッカーなでしこジャパンのMF籾木結花(23)、DF清水梨紗(23)=ともに日テレ=、モデルの森星(27)らも出席した。村田はボッチャを体験し、「競技を専門にやっている人がやれば、もっと面白いはず。レクリエーション的で、老若男女が楽しめるスポーツだと思う」と感想を語った。

 7月12日に王座返り咲きを果たし、陣営が年内に初防衛戦を計画していることが判明。この日も講演会などを行った北海道から都内のイベントに駆けつけるなど多忙な日々を送るチャンピオンは「そろそろ、気持ちをボクシング一本に集中したい。次に切り替えていきたい」と試合を待ち望んでいる様子だった。

最終更新:8/25(日) 18:53
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事