ここから本文です

石原さとみ、白と黄が基調の聖火ランナーユニホームに「太陽を感じる」

8/26(月) 6:06配信

スポーツ報知

 女優の石原さとみらが25日、都内で「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」に出席し、パラリンピックの聖火ランナーユニホームを初披露した。

 聖火リレー公式アンバサダーを務める石原は「発表になって、初めて着たのですが、シンボルに向かって優しさとか、いろいろ表した、太陽を感じるデザインで、すてきだと思います」と笑顔。五輪終了後から始まるパラ聖火リレーについては「熱をもっともっと熱くするきっかけになるよう、皆さんとともに戦いながら、ワクワク期待しながら作り上げていきたいです」と意気込んだ。

 五輪は赤色の聖火リレーユニホームだが、パラリンピックでは白と黄色を基調とした物になっている。ウェアの上下には光をイメージした市松模様がデザインされ、ランナーの熱意を表現している。

最終更新:8/26(月) 6:06
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事