ここから本文です

仲邑菫初段「強かったです」現役最強の藤沢里菜女流4冠と記念公開対局

8/26(月) 6:15配信

スポーツ報知

 囲碁の史上最年少プロ・仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が25日、広島・広島市の中国新聞ホールで開催された「日本棋院広島県本部創立40周年記念イベント」で、藤沢里菜女流4冠(20)と記念公開対局を行い、藤沢4冠が187手までで中押し勝ちした。

 序盤は仲邑初段が積極的に攻め、押す場面も。見守った約300人からは健闘をたたえる拍手が湧いた。終盤、藤沢4冠に現役女流最強の底力を見せつけられ、突き放された。終局後の会見で仲邑初段は「憧れの藤沢先生とできてうれしかった。強かったです」と照れ笑いを浮かべた。

 藤沢4冠は「10歳なのに、集中力とか、形勢判断力とか碁盤全体を見ている。数年後と言わず、数か月後に(タイトル戦が)あるかもしれないなという勝負強さがありました」と、小学生プロ棋士をたたえた。

 解説には、父の仲邑信也九段(46)も登場。自宅では「よくしゃべる」と明かし、父娘で対局もしていると語った。

最終更新:8/26(月) 6:15
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事