ここから本文です

『24時間駅伝』タスキは水卜麻美アナからいとうあさこへ 笑顔で国技館へスタート

8/25(日) 14:18配信

オリコン

 人気グループ・嵐がメーンパーソナリティーを務める日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)における『24時間駅伝』。4人がタスキをつなぐ駅伝方式で行われ、25日午後2時18分に第3走者の水卜麻美アナウンサー(32)から、アンカーとなる第4走者のいとうあさこ(49)にタスキが渡された。

【写真】ゴール前は涙も… 走り終えて笑顔の水卜麻美アナ

 午前8時8分に第2走者のガンバレルーヤ・よしこ(28)からタスキを受け取った水卜アナ。もっとも暑い時間帯を担当したが、沿道からの声援に笑顔で応えながら無事に42・195キロを走りきった。タスキを受け取る際に水卜アナと抱擁を交わしたあさこは、笑顔でゴールの両国国技館へ向けてスタートした。

 走り終えた直後の心境を聞かれた水卜アナは「最高に楽しかったです!」と満面の笑顔。「『人と人』という(今回の)テーマがこんなにも感じられるのが、駅伝なんだなと思って。沿道の人もみんな『24時間テレビ』を見てくれていて、チャリTシャツを着てくれてたりして、『いま何キロぐらいだよ』って応援してくれて。そういう人たちの顔を近くで見られたのがうれしかった。本当にありがとうございました」と声援に感謝した。

 今回の『24時間駅伝』ではハリセンボンの近藤春菜(36)が第1走者として午後8時28分にスタート。春菜と第2走者となるガンバレルーヤ・よしこ(28)が32・195キロ、第3走者として水卜アナがアンカーのあさこにたすきをつなぎ、ともにフルマラソンの42.195キロに挑む。

最終更新:8/27(火) 3:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事