ここから本文です

フクヒロ、ナガマツ追い詰めるも3大会連続銀「金メダルはお預けなのかな」

8/26(月) 6:12配信

スポーツ報知

◆バドミントン 世界選手権最終日 ▽女子ダブルス決勝 永原、松本2―1福島、広田(25日、スイス・バーゼル)

 【バーゼル(スイス)25日=細野友司】各種目の決勝が行われ、2年連続日本勢対決となった女子ダブルスは、前回女王の永原和可那(23)、松本麻佑(24)=北都銀行=組が、同3位の福島由紀(26)、広田彩花(25)=アメリカンベイプ岐阜=組に21―11、20―22、23―21で勝利。世界選手権2連覇は、ともに日本勢初の快挙となった。

 21―20から取りきれず、3大会連続の銀メダル。福島は「金メダルはお預けなのかな。あと1点をつかみにいく気持ちが、松本、永原の方が大きかった」と唇をかんだ。準優勝まで勝ち上がったことで、五輪レースの首位はキープ。広田は「先を見ずにやれたが、勝ちきれなかった。次につなげたいと思う」。福島も「力を出し切れたのは良かった部分」と受け止めていた。

最終更新:8/27(火) 20:11
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事