ここから本文です

ワンオペ育児で限界寸前!なんでも「義母上げ、嫁下げ」するマザコン旦那についに怒り爆発!

8/25(日) 11:30配信

ファンファン福岡

育児や家事、仕事を、たったひとりで頑張ってきたワーキングマザーが、専業主婦並みのお世話を求めるマザコン旦那に爆発!いったい彼女に何が起きたのでしょう・・・?!

「ワンオペ育児」という言葉をご存じですか?
牛丼店や深夜バイトで、従業員ひとりが全ての業務をまわす「ワンオペ」が語源で、旦那に頼ることのできない母親が、ひとりで育児や家事、仕事まで担い、限界状態に陥っている様を「ワンオペ育児」と呼びます。

「子どもがいて幸せなの。でも時々、孤独感にさいなまれて、真綿で首を絞められてるみたいな、この優しい牢獄から抜け出したくなる」

そんな泣き言を漏らした友人がいました。

彼女は、2人の子どもを出産後に仕事復帰して、フルタイムで勤務するワーキングマザー。残業続きで忙しく、休日が合わない旦那に頼らずに、ひとりで頑張ってきました。

平日は子どもを保育園に預けながら働き、帰宅後も子どもが寝るまで、夕食づくりや家事、寝かしつけと忙しく、ゆっくり座って休むことなんてできません。

土日は保育園のサポートがないので、母親ひとりで子どもの遊びに付き合い、たまった家事タスクをこなさなくてはいけません。

一方、平日休みの旦那は、休みになるとスロットや車いじりに精を出し、子どもと遊んだり、保育園の送り迎えすらしてくれたことがないのです。

彼女は、子どもが生まれてから4年間、一度も休日らしい休日を過ごすことなく、ひとりっきりで頑張っていました。

さらに悪いことに、旦那は、なんでも義母と比べて「義母上げ、嫁下げ」をする、マザコンだったのです。

旦那は結婚するまで実家暮らしで、生活のすべてを、専業主婦の義母に世話してもらっていました。なんと旦那は、実家の台所に入ったことも、掃除や洗濯をしたこともありません。服を脱いだまま風呂に入れば、部屋着と下着が脱衣所に準備されているような暮らしをしていたそうです。

そんな生活力のない旦那ですから、義母並みのお世話を当然のように求めてきました。

食後に食べ終わった器を、台所に持っていくように頼んだだけで「母さんは、そんなこと頼まなかった」。

デパ地下の総菜を食卓に並べれば「母さんのごはんは、いつも出来たてで、美味しかった」。

脱ぎ散らかした靴下を洗濯機に入れるように頼んだら「それはお前の仕事だろ。母さんはやっていたよ」。

結婚後、彼女は嫌々ながら、亭主関白な旦那に従ってきましたが、ついに決定的な出来事が訪れたのです。

1/2ページ

最終更新:9/3(火) 13:02
ファンファン福岡

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事