ここから本文です

寝苦しい残暑、どう乗り切る? 快眠のためのショーツ&パジャマ事情

8/25(日) 18:00配信

CanCam.jp

8月も終盤ですが、まだまだ熱帯夜が続く日々。エアコンや扇風機は手放せないし、快適な睡眠には下着やパジャマの工夫も大事。さて、みんなはどうしているの?

どうする?キャミソールやタンクトップ…「ノースリーブ」の下着問題、ファッション撮影現場ではこうしてる!

■まだ残暑がのこっている初秋、何を着て寝てる?

寝るときはやっぱりパジャマなど、専用のものを着ている派が半数以上。中には「何も着ない」という人も……!


Q.何を着て寝てる?(秋)
(MyWacoalアンケート/2018年10月1日-10月31日  総計 6563人)

パジャマ……41%
Tシャツ&短パン/スウェット……30%
ルームウェア……25%
ネグリジェ……1%
ランジェリー……1%
裸(何も着ない)……1%
その他……1%


いちばん多かった「パジャマ」と答えた人は、「スウェットやジャージで長年寝てました。旅行で予約したホテルの部屋が満室、いいお部屋にアップグレードしていただいた時、バスローブとパジャマがあって。快適さに気が付き、それ以来必ずパジャマにしてます。おすすめ!」「いちばんよく寝られるので!」「ルームウェアとパジャマは別! 寝心地が全然違います」など、パジャマの寝心地に気がつくと手放せなくなる人が多数。

「Tシャツ&短パン/スウェット」と回答した人は、「お風呂から出たら寝るまでそのまま。Tシャツと短パンなら宅配便が来てもすぐに出られるから」「楽ちんだし、朝起きてゴミ出しとか着替えなくても済むから」など。

「ルームウェア」と答えた人は、「東日本大震災があってから、もし夜中に避難が必要になったらいろんな意味でパジャマは大変だなと思い、それ以来ルームウェア的なものを着て寝ています」「楽だし、パジャマとかだったら宅配便も受け取れないが、ルームウェアなら大丈夫!」「リラックスできる格好で寝るのが好きです。それでいてゴミ出しや、ちょっとコンビニに行ける格好がベスト」など、「Tシャツ&短パン/スウェット」派と同様に、「見られても大丈夫なもの」が選択の理由。

「ネグリジェ」や「ランジェリー」、「裸」では、「寝る時にしめつけられてるのは嫌で、いつもランジェリーで寝ています」「前はパジャマで寝ていたのですが、ネグリジェにしてみたところ、お腹にゴムがこないのが快適で、パジャマは着なくなってしまいました」と、締め付けが嫌だからという意見が多くありました。


■寝るときに、ショーツにもこだわる?

日中と寝るとき、ショーツもチェンジするもの? 「はき替える」派と「はき替えない」派の意見を聞いてみました!


Q.寝る時にしか使わないパンツ(ショーツ)ってある?
(MyWacoalアンケート/2018年3月1日-3月31日  総計 5093人)


ある……17%
ない……83%


「ある」と答えた少数派さんの意見は、「古くなってゆるく、外で着るにはふさわしくなくなった物を着る。ゆるさが寝るときにはちょうどよく、経済的だから」「ゴムが伸びてまったもの。外にははいて行けないけど楽だから捨てられません」など、自分だけのルールがある様子。中には、「かわいいレースの布の少ないものや、透けているものは夜だけはくことがあります」「締め付け感がなく、セクシーさも兼ね備えたもの」など、オシャレ&セクシー派もちらほら。

「ない」と答えた人は、「寝る時にショーツを替えるという考えがなかった」「寝るとき用のパンツがあることを初めて知りました」という意見が圧倒的多数! ほかには、「寝るときは下着をつけない」「ここ1年は生理の日以外はノーパンで寝ています」という人も。

そういえば、意外と知らない他人のパジャマ事情。人それぞれのお気に入りには人それぞれの理由があって…、暑くて寝苦しい夜は、下着やパジャマで睡眠環境を変えてみるのも、ありかも!?


情報提供元/ワコール

最終更新:8/25(日) 18:00
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事