ここから本文です

踏切に「もみ殻」、1時間運転見合わせ JR北陸線、トラクター荷台から落ちる

8/25(日) 11:00配信

福井新聞ONLINE

 8月24日午前11時5分ごろ、JR北陸線の福井県坂井市坂井町上関の踏切で、農作業用のトラクターの荷台に積まれていたもみ殻が落ち、周辺に散乱した。この影響でJR西日本は丸岡―芦原温泉駅間などの上下線で最大約1時間運転を見合わせた。

 坂井署によると現場は農道にある踏切で、男性が通過中に誤ってもみ殻を落としてしまったらしい。男性が踏切の非常ボタンを押した。同社金沢支社によると特急列車9本、普通列車4本の計13本が最大約1時間遅れるなど約3千300人に影響した。

福井新聞社

最終更新:8/25(日) 11:00
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事