ここから本文です

【人気】美女が夢中な夏のカレー4選

8/25(日) 7:00配信

LEON.JP

見目麗しき美女たちがプライベートで夢中になっているカレーを紹介する「美女カレー」。半年間の取材を通して、たくさんのカレーを実食してきた担当編集が、リアルに「恋しい!」夏のカレー4皿をご紹介します!

1.元祖! 行列の絶えない老舗カレー店

カレーの街として有名な神保町。その隣の駅近くに長年住んでいながら、日本の欧風カレーの礎を築いたと言っても過言ではない「ボンディ」のカレーを連載で初めて知りました。「ビーフカレー」を口にした時、なんでもっと早く来店できなかったんだろうと後悔しきり! 

スパイシーな中にもフルーティな甘さも感じられる深い風味のカレーで、その衝撃的な美味しさがまさに脳天を直撃! 付け合わせのポテトも塩加減が絶妙です。ボリューム満点ながらもスプーンが進み、あっと言う間に完食してしまいました。

2.「採算度外視で野菜入れてます」のオーナーさんの言葉どおり!

JR代々木駅から徒歩約3分。ビルの半地下にある「野菜を食べるカレーcamp 代々木本店」は、メニューも店内装飾もその店名どおり。アウトドアが趣味の店主が集めたというキャンプ用品が、店内のそこここに飾られ、名物カレー「一日分の野菜カレー」には約350gもの野菜がぎっしりと入っています。

グツグツと音を立てながらスキレット鍋で供されるカレーは、いろいろな野菜の甘みが滲み出ており、熱っ! 旨っ! 見た目のゴロゴロ感よりもアッサリと食べられて、ヘルシー。食いしん坊さんは、お肉類やチーズなどをトッピングしてみてください!

3.和漢生薬が具材に! 文句なしのヘルシーカレー

約半年間における全取材店のなかで、一番カラダに良さそうなカレーを提供していたのは、「薬膳カレーじねんじょ 谷中店」でしょう。化学調味料や添加物は一切不使用の鶏肉カレーや野菜カレーなどを展開していましたが、思い切って「薬膳 特製カレー」を注文してみました。ごはんは、50円をプラスして五穀米に。

ご覧の通り、朝鮮人参、ユリ根、クコの実、なつめなどの和漢生薬がたっぷりと入った一品は、かなりスパイシーのなかに生薬系の苦味もあり、食べている最中から汗がジワリ。すぐにカラダが温かくなり、カラダに良いことがダイレクトに実感できます。実はコチラ、お酒やデザートも素材にこだわったメニューを取り揃えており、またぜひ行きたい!

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事