ここから本文です

バブル崩壊時の大損がトラウマ、投資を再開すべきか悩みます

8/25(日) 18:31配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

【図で確認】お金持ちって本当に幸せなの?

今回の相談者は、バブル崩壊時に大損をしたという50代の男性。その時のトラウマから投資ができないでいましたが、老後に向けて再開すべきか悩んでいるといいます。FPの黒田尚子氏がお答えします。

【相談者の悩み】

バブル崩壊時に国内株式への投資で大損をして以来、基本的には投資を控えてきました(今でもかなりのトラウマになっています)。しかしながら、2年後に役職定年を迎えるにあたり、金融資産だけでは心もとなく、トラウマを振り払い投資を再開すべきか、再開する場合は何にどの程度投資すべきか悩んでいます。

勤務先には一応、65歳まで再雇用制度がありますが、60歳までは現在の年収の7割、それ以降は3割程度になります。また、子供が私立大学の文系で、学費が年120万円程度かかります。退職金は一時金として、約2500万円、年金は80歳まで月25万円程度の見込みです。アドバイスよろしくお願いいたします。

〈相談者プロフィール〉
・男性、54歳、既婚(妻:54歳、パート)
・子ども2人:26歳(会社員)、18歳(大学1年)
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:95万円(夫婦合わせて)
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:約50万円

【支出の内訳】
・住居費:0万円
・食費:12万円
・水道光熱費:5万円
・教育費:10万円
・保険料:6万円
(死亡保険、医療保険、ガン保険すべて掛け捨て)
・通信費:1.2万円
・車両費:5万円
(ガソリン、税金、保険、高速代)
・お小遣い:7万円(夫婦合わせて)
・その他:5万円
(夫の単身赴任に伴う交通費)

【現在の資産状況】
・毎月の貯蓄額:45万円
・現在の貯蓄総額:3300万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

1/4ページ

最終更新:8/26(月) 21:10
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事