ここから本文です

【ラグビー】内田がタスマンデビューで奮闘 日野はフランスリーグ開幕戦で王者トゥールーズの背番号2

8/25(日) 15:46配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ラグビーワールドカップのメンバー入り争いからは離れてしまっているのかもしれないが、海外にチャレンジの場を求めた日本代表キャッパーたちが新たな一歩を踏み出した。

 8月22日にニュージーランドのオタゴでデビューを果たした立川理道に続き、8月24日には同国ブレナムで、日本代表SHとして22キャップを持つ内田啓介がタスマンの一員としてニュージーランド国内大会のマイター10カップで初出場した。
 マナワツ戦に背番号21でベンチ入りした内田は、後半アタマからフィールドに入り、40分間プレーして64-3の勝利に貢献。テンポのいいパスワークで攻撃のリズムを作り、強気で俊敏な走り、サポートプレーも光った。

 そして、フランスのボルドーでは、日本代表HOとして4キャップを持つ日野剛志が同国内最高峰リーグのトップ14でデビューを果たした。
 最多20回の優勝を誇る昨季チャンピオンチームのトゥールーズに加わった日野は、現地時間8月24日、ボルドー・ベグルとの開幕戦で名門トゥールーズの背番号2をつける快挙。ワールドカップを見据えるフランス代表HOのペアト・マウヴァカが不在で、同ポジションのライバル数人が負傷しているとはいえ、いきなり先発ポジションを勝ち取り、後半22分ごろ交代するまで奮闘した。試合は25-30で敗れたものの、次につながるデビュー戦となった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事