ここから本文です

ウイリアム王子 ヘンリー王子を「避けたい」…休暇中の女王訪問の日程で“波紋”

8/25(日) 22:11配信

Hint-Pot

現地メディアの「兄弟確執」「不仲説」報道に拍車

 8月23日にスコットランド・アバディーン空港に到着し、祖母エリザベス女王の待つバルモラル城へ向かったウイリアム王子とキャサリン妃一家。ひとり73ポンド(約9855円)の格安航空券で一般人と混じりスコットランドへ渡航した姿がキャッチされ話題となった。女王は、毎年バルモラル城で夏の休暇を過ごし、ロイヤルファミリーたちが訪れるのが一般的だ。ヘンリー王子とメーガン妃一家の訪問は9月に予定されていて、兄のウイリアム王子の家族と一緒に過ごすことはないという。

【写真】格安フライトで女王のいるスコットランドへ向かったウイリアム王子一家 飛行機に乗り込む直前のキャサリン妃はじめ家族5人の実際の様子

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「ザ・サン」が報じたところによると、王室筋が「ヘンリー王子とメーガン妃はスコットランドでウイリアム王子や他の従兄弟達と一緒になることはありません。来月の訪問を予定しています」と語り、今夏にエリザベス女王の休暇先で兄弟がそろうことがないことを認めている。

 その第一の理由は、2016年からヘンリー王子がラグビー・フットボール・リーグの後援者を務めるため、8月24日にウェンブリーで行われた「ラグビー・チャレンジ・カップ決勝」の観戦予定があったこと。これが、ウイリアム王子一家がスコットランドを訪問した週末と完全に重なった。

 しかし、王室専門家のロバート・ジョブソン氏は、それもウイリアム王子がヘンリー王子を“避けたいがため”弟がラグビー観戦の公務がある週にスコットランドを訪れたのではないかと指摘する。

 ジョブソン氏は、ヘンリー王子が、人口増加が環境破壊につながるとし”子どもはふたり以上作らない”と発言したことで、「すでに3人の子どもがいるウィリアム王子が苛立っている」という。

 また、「ヴォーグ」の9月号にゲスト編集者として参加したメーガン妃が同号の表紙を飾ることは”自画自賛すぎる”と語って拒否。しかしこの発言が以前に同誌のカバーガールとなったキャサリン妃の気分を害したという話もある。

 さらには地球温暖化に度々抗議する発言をしながら、2週間の短期間に4回に渡るプライベートジェットの利用が”偽善的”とヘンリー王子に批判が集まる中、ウイリアム王子一家は一人73ポンド(約9855円)の格安航空券でスコットランドへ渡航。こうした兄弟間の発言、行動が最近の英メディアによる度重なる“確執報道”に繋がり、ふたりの不仲説に拍車をかけている。

森昌利/Masatoshi Mori

最終更新:8/25(日) 22:59
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事