ここから本文です

ものづくりを通じて「自分らしさ」に出会うワークショップ 高松市

8/25(日) 22:18配信

KSB瀬戸内海放送

 子どもたちにものづくりから「じぶんらしさ」を発見してもらおうというワークショップが高松市で開かれました。

 KSB瀬戸内海放送が開いた「じぶんらしさに出会うものづくりワークショップ」は今回が3回目で、香川県に住む5歳から11歳の子どもが7人が参加しました。

 今回は、トレーシングペーパーやダンボール、シールを使って「羽のある虫」を作ります。

 最初にあったのは簡単な工程の説明だけ。形や大きさ、色などすべて子どもたちが決めて思い思いに作品を作っていきます。

 小さかったり大きかったりシンプルなものからカラフルなものまでひとりひとりの個性が表れた「じぶんらしい」作品が完成しました。

(参加した子どはー)
「(今何作ってるんですか?)チョウ。やるの大変だったけど楽しかった」
「クワガタ。(何色にする?)黄色とか青を付けます」

最終更新:8/26(月) 13:56
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事