ここから本文です

「イランに核保有させない」で一致 G7初日の議論

8/25(日) 14:52配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

G7(主要7カ国)首脳会議が、安倍首相も出席して、フランスのビアリッツで開幕した。

日本時間の25日未明に行われた、初日の外交・安全保障の議論では、イランに核保有をさせないことで一致した。

初日の議論で、安倍首相は、6月のイラン訪問に触れたうえで、「ウラン濃縮レベルの超過を深刻に懸念している」と述べ、各首脳は、「イランに核保有をさせず、地域の平和と安定を求めていく」ことで一致した。

一方、アメリカが求める中東・ホルムズ海峡周辺での有志連合構想についての議論は行われなかった。

また、北朝鮮情勢については、安倍首相が「しっかり議論したい」と述べ、サミットの別の機会にあらためて議論されることになった。

日本時間の25日午後には、世界経済や貿易などに関する議論が行われる予定だが、アメリカとほかの参加国との溝は深く、首脳宣言の取りまとめはサミット史上初めて見送られる見通し。

FNN

最終更新:8/25(日) 14:52
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事