ここから本文です

「ジャニーさんなしでは僕の人生は語れない」嵐の大野智さんが24時間テレビで語ったジャニーさんへの感謝

8/25(日) 16:14配信

ハフポスト日本版

8月24日(土)~25日(日)放送されている日本テレビ系の特番「24時間テレビ」で、7月に死去したジャニー喜多川さんを追悼する演出があった。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

番組のメインパーソナリティを務める嵐のリーダー大野智さんは「ジャニーさんなしでは僕の人生は語れません」と思いを語った。

番組内で、総合司会の羽鳥慎一アナウンサーが、ジャニーさんの死去に触れ、「嵐を含め、数多くのアイドルグループを生み出し、音楽、コンサート、舞台などのプロデュースで、生涯をエンターテイメントに捧げました」と紹介。


ジャニーさんが残した言葉や、ジャニーズ事務所の歩みをまとめた5分ほどのVTRが流れた。

VTRの後、タキシード姿の嵐5人がステージに姿を現した。羽鳥アナから「改めてジャニーさんはどういう人だったのでしょうか」と問われたリーダーの大野さんは、人柄をこう振り返った。

「叱るところはとことん叱るし、褒めるところはとことん褒めるという印象でした。それでいろんなことを育ててもらったという感じです」

「本当に大きな存在の方いうことですよね」と問われると、「ジャニーさんなしでは僕の人生は語れない感じですね」と存在の大きさを語った。

その後、嵐やジャニーズJr.のメンバーがジャニーズメドレーを披露。

少年隊の「仮面舞踏会」や修二と彰の「青春アミーゴ」に続いて、自分たちのデビュー曲「A・RA・SHI」で締めくくった。

羽鳥アナが「ジャニーさんの思いは確実に子供たちに受け継がれています」と語り、最後にステージから「ありがとうジャニーさん」という声が上がった。

浜田理央 / ハフポスト日本版

最終更新:8/25(日) 17:00
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事