ここから本文です

皇治が延長にもつれ込む熱戦の末、大岩を振り切る【8・24 K-1大阪】

8/25(日) 1:00配信

TOKYO HEADLINE WEB

「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)のメインで行われた皇治vs大岩龍矢の一戦は延長にもつれ込む熱戦の末、2-1の判定で勝利を収めた。

 大岩はかねてから皇治戦をアピールしていたのだが、皇治はことごとく拒否。しかし大岩が「皇治争奪戦」が裏テーマだった6月のK-1両国大会での芦澤竜誠戦に勝利を収め、ついに実現にこぎつけた。

 芦澤に勝利後もSNSで舌戦を繰り広げた2人。カード発表会見では皇治が大岩を武尊のマネジャー扱いし、スケジュール帳を渡すパフォーマンスで大岩をおちょくったものの、大岩は後日、「便利なノートだった。ありがたい」と話すなど柳に風。

 前日会見では皇治が大岩のことを飼い主に従順な「名犬ラッシー」になぞらえ大岩のことをずっと「ラッシー君」と呼んでいたのだが、大岩には「アッシー君」と聞こえていたようで会見後半になって「ラッシー君? アッシー君って聞こえていた」などと暖簾に腕押し。最後までかみ合わない展開が続いていた。

 試合は1Rから激しい打ち合いが続く。大岩がプレッシャーをかけコーナーやロープに皇治を追い詰めるが、皇治はガードをしっかりと固め、その猛攻をしのいではカウンターを狙っていく。

 スタミナが心配された大岩だったが、終盤になっても動きは鈍らない。しかし皇治も持ち前のスタミナを発揮し、2R以降は手数で上回っていく。

 大岩がコーナーに詰める場面も多く、ジャッジが難しいラウンドが続いたまま、あっという間に3Rが終了。

 判定は1人が皇治を支持したものの、2人がドローで延長へ。

 延長ラウンドもプレッシャーをかけて詰めてはパンチを連打する大岩と、下がりながらも手数で上回る皇治という展開は変わらず、最後まで2人は手を休めない。

 今回も判定が難しいラウンドとなったが、2人が皇治を支持。皇治が判定ながら難敵の大岩を破った。

1/3ページ

最終更新:8/25(日) 1:00
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事