ここから本文です

東京だけじゃない!転換期を迎えた自動車ショー

8/25(日) 17:02配信

ニュースイッチ

 かつてデトロイト、パリ、ジュネーブ、フランクフルトと並び世界5大モーターショーに数えられた東京モーターショー(TMS)の存在意義が問われている。10月24日に開幕する第46回TMSでは、BMWやフォルクスワーゲンなど、ドイツメーカーの出展が大幅に減る事態となっている。

 以前から不参加の米国やイタリアの大手に続き、日本で人気の高いドイツ勢の不在は集客にも影響しそうだ。転換期を迎えているのは、東京だけではない。

 新年初のモーターショーとして1月に開催していた北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)は2020年から6月開催となる。真冬から初夏に変更することで屋外コンサートなどを併催し、集客を増やす狙いという。

 業界では別の理由もささやかれる。「ここ数年は同時期にラスベガスで開催される『CES』に自動車関連の出展者も客も取られていた」。

 近年、東京に代わり脚光を浴びているのは中国の自動車ショー。次に台頭するのはインドか。今回のTMSは「OPEN FUTURE」がテーマ。市場の成熟はいかんともしがたいが、ここはホストでもある日本メーカーが底力を見せ、日本車の魅力と明るいクルマの未来を世界へ発信してほしい。

最終更新:8/25(日) 17:06
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事