ここから本文です

森敬斗は高いポテンシャルを武器に国際舞台に挑む

8/25(日) 22:44配信

高校野球ドットコム

 今年の代表選手の中で、身体能力ではナンバーワンと呼べるのが森 敬斗(桐蔭学園)だ。
 打撃では全身を上手に使ったフォームから長打を量産。遊撃守備では、深い位置からでもダイレクトスローできる強肩が大きな武器で、さらに二塁到達タイムは7秒前半を計測。走攻守においてポテンシャルの高さをみせる。

犠打を試みる森敬斗

 森がブレイクしたのは昨秋の関東大会だ。初戦の常総学院戦で、逆転サヨナラ満塁弾を放ち勝利に導く。優勝した同大会では17打数7安打、3本塁打12打点、3盗塁を記録し、走攻守で躍動した。しかし、明治神宮大会でも、センバツでも初戦敗退と全国の舞台で悔しい思いをしてきた。それでも、選考委員は森の能力の高さを評価し、晴れてU18代表入りとなった。

 神奈川大会終了後、木製バットでの打撃練習を繰り返してきた森。U18合宿が始まってからは、石川 昂弥(東邦)のスイング軌道やバットの出し方を観察しながら、微調整を測ってきた。

 その成果は少しずつ出ており、駒澤大戦のオープン戦では右前安打を放ち、さらにホームラン性のファールを放つなど、木製バットでも長打を打てる技術が備わってきている。

 また現在、センターを任されている森は、オープン戦でセンターフライから飛び出した走者を逃さず、フォースアウトにしたり、シートノックでもセンターの守備位置からキャッチャーまでライナー性の返球を投げる強肩を披露した。

 森の身体能力は、世界一を狙う日本にとって大きな原動力となるだろう。

最終更新:8/25(日) 22:44
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事