ここから本文です

皇治が「強くなるために」と「年内は引退」宣言【8・24 K-1大阪】

8/25(日) 16:50配信

TOKYO HEADLINE WEB

「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の一夜明け会見が8月25日、大阪市内で開催された。

 メインで大岩龍矢と対戦し、延長にもつれ込む接戦の末、判定勝ちを収めた皇治は「人生はうまくいかない。大応援団と盛り上がりはすごくうれしかったが、試合内容はなにひとつ満足していない」と試合を振り返った。

 今回も昨年12月大会に続き大歓声に支えられたが「12月に引き続き力になったが、それに応えられなかったのが情けない。人生簡単なもんじゃないって30歳になって実感した。でもマジで試合まできつかった。今までにないくらいいろいろなことがあった。1人だったらあのリングに立てていなかったと思う。当日の大声援もそうだが、立つまでのK-1のスタッフや応援してくださっている周りの方々、そして大宮司さんにめちゃくちゃ支えてもらってきた。ああやって赤コーナーでメインイベントをやらせてもらって人として男として成長できたかと思っています」とファンや周囲への感謝の言葉を口にした。

 そして「あとは選手としてもっと成長せなあかんと素直に思う。武尊とやるなら去年の熱を越えたいし、他団体にケンカを売るならやっぱりそれなりの結果を出さないかんと思うから、強くなろうと思いました。だから今年は試合せんとこうと思っている。強くなる期間と思って今年は引退」と年内は試合をせず、トレーニングに専念するつもりであることを明かした。

「ファンのためにもいい加減に倒すところを見したらんと。でもKOがすべてじゃない。五味選手が悪いんです(笑)。“大晦日はKOじゃなきゃ”とか言い出したから、格闘技=KOみたいになったと思うんですよ。またいらんこと喋って怒られる(笑)。だから他団体にケンカを売るために、武尊にケンカを売るためにはそれなりの結果を残さないといけないから、強くならないといけない」とぼやきつつも、前日の試合後に語った他団体への出撃と武尊との再戦に向けての決意を語った。

 復帰の時期については「分からないですよ。お相撲さんになるかもしれないですよ(笑)」とはぐらかすが「俺はK-1が大好きで、K-1ファイター」と改めてK-1へのこだわりを見せた。

 大岩との試合で納得のいく結果が出せず、満足のいくアピールができなかったことから「他団体への挑戦」の青写真が狂ったのかと思いきや「言ったことは曲げないですよ。“皇治、他団体のケンカ撤回”とかやめてくださいよ。アンチがうるさいから(笑)」と釘を刺す場面も。しかし判定結果にSNS上でアンチからの辛らつな意見も多いようで「なかなかいないですよ。試合前も試合後も話題の中心になる選手って俺くらいですよ。SNS見て“あれ? 俺、確か勝ったんやけどな”と思った(笑)」とぼやく場面もあった。

最終更新:8/25(日) 16:50
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事