ここから本文です

【選手採点】MOMは圧巻2ゴールのサラー!最低点はあまりに軽率だったベテランDF…

8/25(日) 19:03配信

GOAL

差を感じさせる内容に

プレミアリーグ第3節では、リヴァプールとアーセナルが対戦した。『Goal』ではこの一戦をフォーカスマッチとし、選手採点を実施した。

【ハイライト】サラー圧巻の2ゴール!リヴァプールvsアーセナルをチェック

唯一開幕2連勝を達成したチーム同士の対戦だったが、大きな差を感じさせる内容に。自陣に守備ブロックを組み、スペースを消してカウンターを狙うアーセナルは、前半狙い通りにチャンスを作るシーンもあった。しかし、リヴァプールは全く慌てずにじわじわと攻略していくと、41分にジョエル・マティプがCKから先制弾。後半にはモハメド・サラーの2ゴールで大きなリードを奪い、終盤に失点は許したものの、終始アーセナルを圧倒。3-1で、貫禄の白星を挙げた。

この試合、『Goal』による選手採点は以下のとおり。※5点満点。平均点は【3.0】。出場20分以上の選手が対象

リヴァプール選手採点

GKアドリアン【3.0】
前半に危ない飛び出しがあったが、それ以外の場面では安定したパフォーマンス。

DFトレント・アレクサンダー=アーノルド【4.5】
チーム最多6本のキーパスを入れ、先制点も抜群のキックでアシスト。サイドにスペースがある中でいきいきと攻撃参加。

DFジョエル・マティプ【4.0】
高さを活かしたヘッドで先制点を記録。前半はペペのスピードに悩まされるシーンもあったが、試合を通じて落ち着いたプレーだった。

DFヴィルヒル・ファン・ダイク【4.5】
「世界最高のCB」の呼び名に相応しいパフォーマンス。的確な読みとスピードで、後半は相手2トップをスピードに乗せる場面をほぼ作らせなかった。

DFアンドリュー・ロバートソン【3.5】
空いたサイドのスペースを活用し、マネとともにメイトランド=ナイルズを翻弄。安定したプレー。

MFファビーニョ【4.0】
目立ちはしないが、気の利いたポジショニングや散らしで中盤を引き締めていた。チーム最多タイ6度のポゼッション回復を記録。

MFジョーダン・ヘンダーソン【3.5】
頼れるキャプテンは、この試合でも攻守に安定したパフォーマンスを披露。

MFジョルジニオ・ワイナルドゥム【3.5】
敵陣パス成功率は「97.8%」とダントツ。ビルドアップ時にも起点となっていた。6度のポゼッション回復を記録するなど、守備でも貢献。69分に交代。

→ジェームズ・ミルナー【3.0】
69分から出場し、うまく試合に入った。

FWモハメド・サラー【4.5】☆Goal選出マン・オブ・ザ・マッチ
3点目のスピード、技術、決定力は圧巻。クロップ政権下で相手を背負うプレーも上達し、絶えず恐怖を与えていた。スタンドのサポーターも気持ちよくチャントを歌える傑出したパフォーマンス。

FWロベルト・フィルミーノ【4.5】
神出鬼没な動きにアーセナル守備陣は何度も振り回された。ボールを受ける動きは秀逸で、受ければほぼすべての場面でチャンスを作っていた。改めて唯一無二の存在であることを証明。

→アダム・ララーナ【-】

FWサディオ・マネ【3.5】
ロバートソンとともに左サイドを支配。不発に終わったが、キーパス4本を記録。両チーム最多6度のタックルを記録するなど、守備面でも大きく貢献。

→MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン【-】

監督:ユルゲン・クロップ【4.0】
相手が自陣に引いてスペースを消した中でも全く慌てず、様々なパターンで相手を攻略。チーム全体が落ち着きを持ってアーセナルを圧倒する姿は、欧州王者らしい貫禄だった。

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 19:19
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事