ここから本文です

台風11号、中国に上陸 勢力落とし、明日までに熱帯低気圧に

8/25(日) 10:35配信

ウェザーニュース

 8月25日(日)9時現在、台風11号(バイルー)は、中国の華南の沿岸に達したとみられます。この先は陸上を進み、勢力を落として熱帯低気圧に変わる見込みです。

▼台風11号 8月25日(日)9時
 存在地域   華南
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西北西 20 km/h
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   20 m/s
 最大瞬間風速 30 m/s

沖縄では高波に注意

 台風は沖縄から離れましたが、先島諸島を中心に、今日も波の高い状況が続く予想です。

 海水浴や磯釣りなど海辺のレジャーは、安全に十分配慮し、現地での指示に従うようにしてください。

8月・9月は台風の発生が最も多い時期

 台風11号は今年8月に入ってから4つ目に発生した台風です。

 8月から9月にかけては、台風の発生数が一年のうちで最も多い時期です。

 25日(日)現在、グアムの近海からフィリピンの東にかけての海上では積乱雲がまとまりつつあり、この付近に新たな熱帯低気圧が発生する予想です。

 この熱帯低気圧は台風へ発達するかどうかはっきりしません。もし北上する場合は、間接的に本州付近に停滞する前線の活動を活発化させる可能性も考えられます。今後の情報に留意するようにしてください。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風11号のバイルー(Bailu)は、中国が提案した名称で「白鹿」のことです。

ウェザーニュース

最終更新:8/25(日) 10:35
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事