ここから本文です

「それどこの?」周りと被らない狙い目ボリュームスニーカー4選

8/25(日) 17:20配信

LIMO

シンプルになりがちな夏の装いでポイントとなるのが足元です。周りからの視線を集めるには、靴で差をつけるのが手っ取り早い。今、旬な靴といえば、ボリュームスニーカー。今回はその中でも周りと被りにくいアイテムをご紹介します。「それどこの?」と聞かれること間違いなしの珍品が集まりましたので、ぜひご覧ください。

「狙い目ボリュームスニーカー4選」の写真を見る

差をつけるなら渋いブランドをチョイス

スポーツをする際には見かけることが多いですが、なかなか街中でファッション的に見かけることは少ない〈LE COQ SPORTIF〉。こちらは〈EDIFICE〉とのコラボレーションモデルです。

あえて、このあたりのブランドをチョイスするのが玄人的かと。デザインはシンプルなので、実は使いやすい一足です。

ボリュームスニーカーの代名詞的存在

ボリュームスニーカーと来たら外せないのが〈HOKA ONE ONE〉。こちらは最新モデルの「CLIFTON6」。ランナー向けの作りのため、はき心地、機能性は他とは一線を画します。

また、巷で人気を博す「BONDI」に比べれば、同モデルはちょっと見かけない印象。人気ブランドの中でも、ちょっと外した同モデルに注目したい。

本格ミリタリーブーツもいい

〈BATES〉は米軍、警察関係および特殊部隊などにシューズを納入している本格ミリタリーブーツブランド。街ではまず見かけることのない代物です。

本格派らしく、吸湿、防菌加工のインソールと超軽量、低重心設計により非常に快適な履き心地。オールブラックのややモードな佇まいは、十分ファッションにも落とし込めそう。

やっぱり定番も捨てがたい

最後はもはや説明不要、ド定番スニーカーのエアフォース1。バスケットボール用のシューズ、いわゆる“バッシュ“の枠を超えて、時代を超えて愛される名作です。

シンプルで使いやすく、ボリューム感もちょうどいい。はき心地も良好。値段もリーズナブル。迷うようなら、非の打ち所がない同モデルを選ぶべし。

あとがき

コーディネートがシンプルになる夏こそボリュームスニーカーの出番。いつものスニーカーにマンネリを感じている方はぜひこの機会に。

FACY

最終更新:8/30(金) 23:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事