ここから本文です

ドラマ『きのう何食べた?』展が大阪・梅田で開催、大阪から登場する新商品も

8/25(日) 19:00配信

Lmaga.jp

今年4月によしながふみ原作の人気漫画を西島秀俊と内野聖陽で実写化し、話題を呼んだドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。そのほっこりする世界観を再現した展覧会が、「梅田ロフト」(大阪市北区)で9月4日から開催される。

【写真】実際に座ることができるシロさん&ケンジのソファ

西島演じる筧史朗(シロさん)と、内野演じる矢吹賢二(ケンジ)のカップルの食卓を通して、 あたたかくてやさしく、ときにほろ苦い人生の機微を描いた同ドラマ。キャスティングや原作の再現率の高さなどが評価され、初回放送時には「#きのう何食べた?」がツイッターの世界トレンド1位を獲得、作中に登場する料理の公式レシピ本は発売から2週間で10万部を突破するなど注目を集めた。

6月に東京・渋谷で延べ1万6千人を動員した同展では、ドラマの舞台セットの再現や実際に使用された小道具の展示のほか、数々の名シーンの場面写真や原作コミックの複製原画もずらり。大阪会場ではセットのソファに実際に座ることができ、シロさんやケンジの日常が垣間見られる内容となっている。

また、作中に登場する料理のバッジやハンドタオル、シロさん御用達のスーパー「中村屋」のエコバッグ、磯村勇斗演じるジルベールの「針ネズミ」Tシャツといった展覧会限定グッズも多数販売。大阪会場から登場する新商品も入荷予定だという。入場料は前売800円、当日1000円(ともに特典付)。期間は9月29日まで(30分ごとの時間指定入場)。

最終更新:8/25(日) 20:17
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事