ここから本文です

ホンダ「CR-V」初代モデルvs最新モデル 「ライトクロカン」ジャンルを確立した新世代RV

8/25(日) 16:30配信

くるまのニュース

初代「CR-V」は現在のSUVのエッセンスをすでに持っていた

 初代ホンダ「CR-V」は、1990年代に三菱「パジェロ」や日産「テラノ」といった本格的な4WD車がけん引してきた「RV(レクリエーショナルビークル)ブーム」のときに誕生しました。

SUV人気をけん引してきた初代から最新まで歴代CR-Vを写真で見る(17枚)

 それまで4WD車というと、トラックと同様「はしご型フレーム」にボディを載せる手法で作られていましたが、快適性や燃費などが乗用車ほどよくない印象でした。

 そこでホンダは乗用車をベースに、都会を走る「ライトクロカン」として「CR-V」を開発。

 それから代を重ね、4代目まで同様なコンセプトのSUVとして販売されていましたが、2016年に日本市場から撤退してしまいました。

 北米や欧州などでは継続して販売され、2016年に5代目が販売されていましたが、2018年にSUVブームを受け、日本市場で復活を遂げることになり、現在に至ります。

 そこで、CR-Vの初代モデルと最新モデルを紹介したいと思います。

●1995年発売の初代「CR-V」

 日本の自動車市場でRVブームが起こっていた1995年。ホンダから新しいコンセプトのSUVであるCR-Vが発売されました。

 当時のホンダは、悪化していた財務状況を改善するための施策として、生活を楽しく豊かにすることをめざしたクルマづくりとして「クリエイティブ・ムーバー=生活創造車」というシリーズのクルマを企画。

 第1弾が「オデッセイ」で、CR-Vはクリエイティブ・ムーバー第2弾として誕生しました。

 シャシは同年代の6代目「シビック」のプラットフォームをベースに作られており、前後サスペンションはスポーティなダブルウイッシュボーンの4輪独立懸架が採用されていました。

 外観のデザインはステーションワゴンタイプで、全長4470mm×全幅1750mm×全高1705mm(標準仕様)と、全幅がやや大きく、全高はRVテイストということで高められ、最低地上高も205mmありました。

 また、スペアタイヤをリアゲートに取り付ける「背面タイヤ」とすることで、RVを意識させるデザインでした。

 エンジンは2リッター直列4気筒のみで、最高出力130馬力と、当時のホンダ製エンジンのなかでは大人しいチューニングで、トランスミッションは当初コラムシフトの4速ATのみでした。

 都会を快適に走る「ライトクロカン」でしたが、通常はほぼFFで、前後輪の回転差が生じると4WDとなるスタンバイ式4WDを採用。実際に悪路走破性も考慮しており、現在のSUVよりもオフロード寄りに設計されていました。

 それまでにないジャンルのSUVとして、初代CR-Vは発売直後から好調なセールスを記録。コンセプトどおり、乗用車となんら変わらない乗り心地と使い勝手が、ユーザーに広く受け入れられました。

 海外でも発売されると、とくに北米でヒットし、シビック、アコードに続くホンダの3本柱を北米市場で形成することになります。

 初代CR-Vの当時の新車価格(東京店頭価格、消費税含まず)は、ベーシックなB仕様が172万円、標準仕様が198万円となっていました。

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 20:12
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事