ここから本文です

2019年後半 英国版これから登場予定のニューモデル 一挙ご紹介 10月分 後編

8/25(日) 5:50配信

AUTOCAR JAPAN

キアe-ニロ

もはや欧州ライバルメーカーたちの後追いでは満足できなくなったヒュンダイとキアは、キアe-ニロとその派生モデルとも言えるヒュンダイ・コナEVによって、信頼性が高く手ごろなEVを創り出すメーカーとしていまや業界をリードする存在となっている。

【写真】10月登場予定のニューモデル 後編 (7枚)

64kWhのバッテリーを積むe-ニロの価格は3万2995ポンド(431万円)というものであり、その435kmとされるWLTP基準での航続可能距離は、ほとんどすべての一般的なEVモデルだけでなく、いくつかのプレミアムモデルをも凌ぐ。

さらに、コナEVよりも大柄なボディを持つこのクルマであれば、真のファミリーカーとして役割を果たすことも可能だ。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

ランドローバーで人気の7シーターモデル、ディスカバリー・スポーツにもモデルライフ中盤を迎えフェイスリフトが行われているが、それの中味は想像以上のものであり、ほとんど変化のない外観に惑わされてはいけない。

2019年モデルのイヴォークと同じプラットフォームを採用するなど、その中味は大幅に進化している。

新プラットフォームの採用により、初めてそのモデルラインナップのほとんどで電動パワートレインを搭載することが可能になるとともに、より多彩なシートアレンジと大型のラゲッジスペースを備えたインテリアスペースを確保することにも成功している。

さらに、ヴェラールで初採用されたインテリアとともに、カメラを使って車両前方や急斜面の逆側を確認することのできる、透明なボンネットとも言うべきクリアサイト・グラウンドビューなど、新たなオフロード向けテクノロジーもオプション設定されている。

メルセデス・ベンツVクラス

メルセデスにとっては、決して2019年にデビューするなかでもっとも重要な存在ではないかも知れないが、新型Vクラスはタクシー業界にとっては注目のモデルだ。

商用バンをベースに多くのひとびとを運ぶことのできるこの大型モデルには、今年大掛かりな改良が施されており、数々の最新技術が採用される一方、そのパワートレインはこれまでのキャリオーバーとなる。

1/3ページ

最終更新:8/25(日) 5:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事